お知らせ

ある歯科医のつぶやき

 

大学の顎関節症の専門の歯科医師ですら顎関節症の患者さんのかみ合わせが悪いからといって歯を容易に削ってさらに症状悪化させてしまう。医師が膝が痛いからといっている患者さんのかかとを削るでしょうか❓他の医院で誤った指導受け簡単にかみ合わせのためにかぶせをやり直されて物が噛めないと言って訴えるて来る患者さんの模型診断は完全な方法ではありませんが、ただ少なくとも模型からかみ合わせのズレを診断しどうしてこうなってきたかどうすれば正しいかみ合わせにちかずけることができるかを教えてくれます。一本一本の歯が先生なのです。たとえ歯が無くなっても総義歯になってもそこには歯の残した痕跡があるのです。骨から本来の歯のあるべき位置を知りそれに年齢や体の変化を考慮人工歯の配列の位置や咬合高径を決めたり咬合調整をしていく必要があります。

学問というのはだれがやっても同じようにできるものをいうのです。中心咬合とは学問ではないと思います。かみ合わせの講習を受講したしたとき、その講師が、この患者のかみ合わせはこの位置だと言ったので、他の先生がその位置はどうして決めるのですかと?と聞いたら経験でわかるのだと言ったのです。大学教授がですよ ! それは学問ではなく占いと同じで、あたるも八卦当たらぬも八卦です。僕が大学を出たころは中心咬合は下顎頭を後方にインジケーターで押しやった位置でした。今は関節内で最も安定する位置となっています。どれだけ患者さんを苦しめてきたことか中心咬合は学問ではないかもしれませんが歯が多く残っている人にとってはだれにでも再現できる位置の一つです。でもそれがその人にとって正しい顎の位置とは限りません。

ってその位置でかみ事で体が悲鳴を上げているのかもしれません。今回は技工士の先生に模型診断をして頂いたことから得られた、その人にとっていいと思われる顎位にするためにレジンやメタルを用いて治療した症例を提示していただきます。但し、無歯顎から歯の位置がわかるようになると歯があっても同じように歯のあるべき位置が見えてきます。僕は総義歯が分るようになってかみ合わせがある日突然わかるるようになりました。多くの皆さんにとってDVDが歯科医師としての基本であるかみ合わせを理解するのにお役に立てれば幸いです。

 

 

http://dental-tube.com/dvd/denture/hiraga-kaibara_01/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Calendar Loading

その他のニュース

2019-08-16

ある歯科医のつぶやき

歯科医師は普段から模型に接することが多いにもかかわらず実際は取った模型を噛ませて噛み合わせが低いとかズレているとかいうだけで、どうしてこのような噛み合わせに成ってしまい、また、どうしたら正しいかみ合わせを診断して治療をして元に戻せるのかほとんどの歯科医師は分っていないのが現状です。

2019-07-26

心理・精神的問題症例への歯科医師の対応

患者 58歳 主婦の症例

2019-07-25

「頬を噛む」

患者さんが頬を噛むことで来院した。患者の言う方を診たが一向に治らない、患者は諦めて、「なま返事で」治りましたと云って帰ってしまう!

2019-07-13

舌・筋肉モデル

下顎義歯床の離脱・圧着に大きく関与する舌機能時に生じる筋の膨らみを再現したモデルです。

2019-07-08

日本の歯科医学の過去と現状と将来

近年、歯科医療界は、明治初めより昭和40年迄ではあまり変化のない100年で あったが、昭和38年頃から19年間は今までに歯科が経験したことがないほどバ ブルがあったのです。

< 1234 >