お知らせ

心理・精神的問題症例への歯科医師の対応

患者 58歳 主婦

「下顎の下垂感、息苦しさ」を主訴として国立精神・神経センター

を受診装用中の右上65部分床義歯不適合のため、歯科医受診。

65④ブリッジを薦められる。入れ歯で良いと言ったが伝わらず、

治療開始。4築造体がセットされ、同時に7を支台形歯との咬合

がなくなったところ気持ちが悪くなり、身体の重心が左に傾いた

じがした。暫間ブリッジ装着後、悪心、脂汗、胃、胸部の不信感、

耳鳴り夜、両手両足な゛しびれ眠れなかった。翌日咬合調整して

もらうも、不快症状は完治せず。以後、精神科に通院、うつ状態と

診断される。精神科での治療での心身の症状軽快に努めるも、

外傷で入院した病院で投身自殺をとげる。

 

ザ・クインテッセンス19924月号掲載記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

Calendar Loading

その他のニュース

2019-08-16

ある歯科医のつぶやき

歯科医師は普段から模型に接することが多いにもかかわらず実際は取った模型を噛ませて噛み合わせが低いとかズレているとかいうだけで、どうしてこのような噛み合わせに成ってしまい、また、どうしたら正しいかみ合わせを診断して治療をして元に戻せるのかほとんどの歯科医師は分っていないのが現状です。

2019-07-26

心理・精神的問題症例への歯科医師の対応

患者 58歳 主婦の症例

2019-07-25

「頬を噛む」

患者さんが頬を噛むことで来院した。患者の言う方を診たが一向に治らない、患者は諦めて、「なま返事で」治りましたと云って帰ってしまう!

2019-07-13

舌・筋肉モデル

下顎義歯床の離脱・圧着に大きく関与する舌機能時に生じる筋の膨らみを再現したモデルです。

2019-07-08

日本の歯科医学の過去と現状と将来

近年、歯科医療界は、明治初めより昭和40年迄ではあまり変化のない100年で あったが、昭和38年頃から19年間は今までに歯科が経験したことがないほどバ ブルがあったのです。

< 1234 >