お知らせ

訃報 市波治人先生は2019年1月11日お亡くなりに成りました。

市波治人(イチナミハルト)氏は(本名 森治八)1934年9月24日生れ                 

1984年当時日本の歯科界にインプラントの金属着付けホーセレンの補綴が増え、顎関節が狂うと身体に影響すると言って「歯とからだ」を発刊した。

        市波治人氏は独自の視点で研究し大胆な仮説を展開し広く世間に問い歯科技工士の立場を越え歯科界に警鐘を鳴らした功績は大きい。

顎関節症いう病名は医科界の付けた名前なので。歯科界が最初になずけたのは歯科技工士の市波治人氏であった、その名前が「顎偏位症」です

        市波冶人先生のセミナーは、「いわいる下顎位症候群の実際」を東京歯科研究会で開催され名古屋、東京で10年余講習会であった。

市波先生の講義を受講した歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士は日本中に280名余りが受講した。彼らが習って地元に帰っり、教えた関係者は

       2千余りに達しているだろう、市波先生の遺志を受け継いで広がっており市波先生の恩恵をこおむった患者さんは数知れないと思われる。

                             合掌

                

            西日本歯科研究会 一同

Calendar Loading

その他のニュース

2018-07-14

牛乳は身体に良いのか?パート 4

大人が飲むと下痢しますね。

2018-06-07

歯とからだパート3(噛み合わせと性格)

人は、顎位の狂いから。

2018-05-30

歯とからだ パート2 (不妊治療で困った方のお話)

2018-05-30

ニキビについて(青春期の厄介な物)

2017-05-16

乳幼児の歯とからだ

乳歯の萌出と身体の成り立ち

< 1234 >