お知らせ

訃報 市波治人先生は2019年1月11日お亡くなりに成りました。

市波治人(イチナミハルト)氏は(本名 森治八)1934年9月24日生れ                      

 

1984年当時日本の歯科で「歯とからだ」を独自の視点で研究し大胆な仮説を展開し名古屋、東京で10年余講習会を行い、歯科技工士の立場を越え歯科界に警鐘を鳴らした。顎関節が狂うと身体に影響すると広く世間に問い、市波先生の講義を受講した歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士は日本中に280名余りが受講した。彼らが教えた関係者は2千余りに達し市波先生の遺志を受け継いで広がっています

 

市波先生の恩恵にこおむった患者さんは数知れない。

 

                                  合掌 

 

                西日本歯科研究会一同

Calendar Loading

その他のニュース

2018-09-11

日本の歯科医学の過去と現状と将来

近年、歯科医療界は、明治初めより昭和40年迄ではあまり変化のない100年であったが、昭和38年頃から17年間と言うのは今までに歯科が経験したことがないほど変革、バブルがあったのです。

2018-09-02

ゴルフと心臓発作

ゴルフ場での心臓の発作で救急て運ばれることが良く有ります。

2018-07-30

手足の爪に反応が出る事が有る!

身体にオペなどすると、手足の爪に反応が出る事が有る!

2018-07-14

牛乳は身体に良いのか?パート 4

大人が飲むと下痢しますね。

2018-06-07

歯とからだパート3(噛み合わせと性格)

人は、顎位の狂いから。

< 123 >