お知らせ

世界には二つの歯科医師が有る

世界には2種類の歯科医師が存在しています。

 

我が国の歯科大学は、殆どの県に国立大学歯学部が有りますが、東京大学に歯学部は有りません、代わりに、東京医科歯科大学が有り、これが東京大学の歯学部なのです。

なぜこの様な事になったのか歴史をさかのぼりますと

 

東京医科歯科大学の創設者 島峰 徹(1877-1945)と言う先生が居られた。

 

東京帝国大学医科大学卒業消化器病学副子、

明治39年解剖学教室に入り、

同年40年ベルリン大学で歯科学を学ぶ

同年42年ブレスラウ大学で歯科口腔外科教室助手

同年44年同大学衛生学教室助手、

1912年(大正元年)ベルリン大学歯科研究科主任、

大正3年帰国、東京帝国大学医科大学講師、

翌年、文部省医術開業試験付属病院歯科長、

同6年同附属病院院長、

同9年海軍軍医学校教授

1928年(昭和3年)東京高等歯科医医学学校創立、同校長、

昭和4年兼付属病院院長、

同19年4月東京医学歯学専門学校校長に就任

ヨーロッパの医師は、医学部を終えてから歯学の教科終了した歯医師で教授や学部長や学長のすべては歯科医師で、ドクタードクターと言う称号を持っているのです。

 

島峰徹先生は、日本でもヨーロッパの医師を目指したいと奔走されていたのです。

志し半ばで昭和20年2月10日にお亡くなりに成りました。

その後、大平洋戦争の終戦、戦勝国の政策でアメリカ式の歯学が導入したため、それまでの歯科医師は、歯科医学専門学校で有った。 歯科大学に格上げ変更することでアメリカ式の歯科医を受け入れるようになり、「歯」の事だけの教育がなされ、日本の歯科医師は、死亡診断書が書けない歯科医師になったのです。

身体のことを教育されていないのです。

Calendar Loading

その他のニュース

2017-09-12

歯とからだ

2017-05-16

乳幼児の歯とからだ

乳歯の萌出と身体の成り立ち

2017-05-11

読売新聞

2016-12-08

世界には二つの歯科医師が有る

ヨーロッパの歯科と日本の歯科の違い